余談・気まぐれ通信

余談

「余談」とは平成18年9月から丸3年、吉村郁祐が社内及び一部の社外の方々に対し毎週書き綴った150編の文章です。「余談」は「予断」でもあり、先々に起こるであろう事も書いております。なにぶん「国語」は苦手でしたので読みづらい部分はご容赦を!
また創業の地、旧平野郷(大阪市平野区内)には、大阪市内で一番規模の大きな「だんじりまつり」が有ることから、まつり関連の話題も出てきます。「おまけ」は、番外編です。

気まぐれ通信

「気まぐれ通信」とは「余談」の続編で平成21年9月~平成22年9月の間、不定期に書き綴ったものです。

「きまぐれ(気紛れ)」とは「定まった考えがなく、その時々の気分で心が動かされやすいこと。また、その時々の思いつきで行動するさま。」と広辞苑にあります。私には一応定まった考えがあるつもり(・・・)ですので「その時々の思いつきで行動するさま。」の意味で、気が向いた時に書き記す「きまぐれ通信」で「余談」の後の新たなスタートを切りました。

丸一金属工業株式会社 スペシャルコンテンツ
このページのTOPへ